伝統的な柄や貴重な柄の場合

金額のつけ方について

買取りをして貰えるような妥当な金額を付ける事がフリーマーケットでは大切だと言います。
いくら元を取りたいからと言って買った当時と同じような値段で出すのは売れない事が多いです。
それに、何度か使用しているのであれば当然使用感と言うのが出てしまうはずです。

特に、それが古い着物であるならば、今と昔のお金の価値は全然違いますので注意して下さい。
そして必ず古い着物であると言う事を興味を持った人に必ず伝えて販売する事が重要です。
前の記事でも紹介したようにもしその着物に付いていた付属品が残っているのであれば必ず一緒にして売りに出すと良いでしょう。
安すぎずに妥当な値段を付ける事で例え古くても買取りをして貰える可能性は高いと思います。

値引きについての交渉

フリーマーケットの最大の醍醐味と言えば値段交渉ではないでしょうか?
確かに安い金額で多くの商品は販売されている事が多いのですが、更にそこから値切って購入する人も多いのです。
いかにお得に商品を購入出来るかどうかを味わうのもフリーマーケットの大きな魅力の一つなのです。

なので、古い着物の値引きをして欲しいと言われた場合には、必ず応じてあげるのも良いと思います。
もしかしたらですが、反対に高価買取りを希望する人も出て来るかもしれません。
その着物が高価な着物であった場合に限ると思いますが、無きにしも非ずではないでしょうか。
フリーマーケットでは今ではアンティーク着物や小物が多く揃っている事が多いので開催されるとすぐに完売してしまう恐れもあります。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ